FC2ブログ
 
■プロフィール

heliosmith

Author:heliosmith
大学の研究員:海外の大学に所属
専門は知能心理学
学部時代より欧米在です

このブログについて:
3月11日の災震後にスタートしたブログです。
なるべく毎日更新したいと思います
普段は日本語を使わない生活をしているので、誤字や漢字の不統一などがあるかと思いますがご了承ください。

■最新記事
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日本が注目されるのは今だけ?
オバマ大統領が駐米日本大使旧公邸まで出向いて記帳してくれたらしいです。
最近、オバマさんのスピーチでも何かと日本スルーばかりだったのに、地震が起こってから大逆転した感じです。

今日で地震から1週間が経ちました。
「不幸中の幸い」、という感じで、この1週間、日本人の高い秩序や礼儀正しさが、英語圏のテレビやネットで大きく取り上げられました。ニュースキャスターなどは競うように、日本人がいかにすばらしいかを語っていました。ちょっと褒めすぎという感があるほどでしたが、これは今まで日本のことをテクノロジーやアニメ・ゲームとしか見てなかった多数の欧米人にとって、かなり斬新なものに映ったはずです。これでようやく日本と中国の違いを理解してくれるのではないかと思います。

結果的に、我々日本人は、新たな、そして前代未聞の競争力を得たかもしれません。
技術の輸出で豊かになった日本ですが、最近はコスト競争で中国・韓国にやられっぱなしで、それを打開する希望もほとんどない状態でした。欧米はそれがわかっているため、もう日本を見捨てて無視している感じでした。今後、日本が世界をリードすることは絶対にないと見られていました。アメリカのエリート大学を見ても、中国人・韓国人に比べて日本人はほとんどいない状況では、もはや否定のしようがありませんでした。

そして今回の地震。日本の耐震技術と共に、「見習うべき国民」、「欧米では考えられない高い秩序」、として、ひさびさに世界からの注目をあびた日本。
この世界からの注目が1ヶ月で終わるか、何年も続くかは今後の復興の方向性にかかっています。

具体的な競争力については次回。


YAHOOニュースより
「日本、さらに強くなる」=震災復興へ米大統領が記帳

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110318-00000026-jij-int
スポンサーサイト


未分類 | 08:36:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。