FC2ブログ
 
■プロフィール

heliosmith

Author:heliosmith
大学の研究員:海外の大学に所属
専門は知能心理学
学部時代より欧米在です

このブログについて:
3月11日の災震後にスタートしたブログです。
なるべく毎日更新したいと思います
普段は日本語を使わない生活をしているので、誤字や漢字の不統一などがあるかと思いますがご了承ください。

■最新記事
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
中東の石油獲得に日本は遅れをとったか?
地震が起きてから1週間が過ぎ、原発も落ち着きそうな感じになってきた矢先に、米軍がリビアに攻撃を開始したようです。これでBBCやABCやCBCなど世界のメジャー新聞のトップは明け渡しは決定みたいです。ちょっと残念だけど、もちろん今後これ以上の問題が発生することなく復興にかかってほしいので、まあこれはよしとします。

それで、リビアなんですが、もともと積極的に動いているのがフランスでした。イギリスもアメリカももちろん動いていますが、フランスが一歩先に勝負に出た感がありますた。そこで日本の地震があって1週間ほどのペンディングになってしまって、結局、アメリカ・イギリスと同時に攻撃するこということになってしまったようです。フランスとしては日本の地震はかなりの大誤算だったのではないでしょうか。

さて日本ですが、地震によって、中東石油利権獲得競争に影響が出たでしょうか?
ほとんどないと思います。

もともと軍を出すことのできない日本は、アメリカ式の武力で石油を奪い取るみたいなことはしません。
だいたいが外務省と大手石油企業や商社(外務省の天下り先)が、現地の汚職政治家とのパイプを活かして獲得する方法をとっています。日本の税金を使い、ODAという名目で現地の汚職政治家にばらまきます。そして石油利権をもらいます。そしてそこから得られた利益は、すべて天下り企業に行くというすばらしいシステムです。

今回の地震でこのシステムは何のダメージも受けていないわけですから、その意味では、中東の石油利権獲得競争における日本の立場はあまり変化ないでしょう。
ということで今までどおり莫大なODAをばらまいて、天下り企業に儲けさせますか?
ODAの金額について日本がずっと世界1位だった理由がここにあります。最近はさすがに減ってきていますが、それでもまだ天文学的な金額を海外にばらまいています。途上国に行くと、日本が無償でつくった立派な建物だらけです。日本よりGDPの大きい中国にも大金を差し上げています。在中大使(商社出身)は対中国ODAを増やせ、とさえ言っています。この人たちの巨大利権は地震よりも強力です。地震でつぶれない日本ですが、この利権団体につぶされる恐れは十分にあります。自民党の負の遺産、あるいは老害と言えるものです。

この利権団体は大金を生み出す大きなシステムですので、なかなかODAを下げることができないわけです。日本が借金だらけになろうが、年金が破綻しようがそんなことお構いなしに、いつも海外バラマキを推奨してきました。
ODAの議論をするのは今がチャンスです。今の日本は復興第一という大義名分があるからです。

すべてのODAを廃止して復興にまわせ!



Yahooニュースより
国民に徹底抗戦訴え=報復攻撃を主張―カダフィ大佐

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110320-00000031-jij-int



スポンサーサイト


未分類 | 08:36:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。