FC2ブログ
 
■プロフィール

heliosmith

Author:heliosmith
大学の研究員:海外の大学に所属
専門は知能心理学
学部時代より欧米在です

このブログについて:
3月11日の災震後にスタートしたブログです。
なるべく毎日更新したいと思います
普段は日本語を使わない生活をしているので、誤字や漢字の不統一などがあるかと思いますがご了承ください。

■最新記事
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
わざとらしいアメリカのメディア
日本のマスコミは最近よく批判されていますが、アメリカのマスコミはどうでしょうか?
日本の地震・津波については、もちろんアメリカのテレビでも連日トップで報道されてきました。

あれだけの凄惨な映像が次々に出ましたから、そのまま流すだけでかなりの視聴率が取れたと思います。
まあそれはいいとして、問題はキャスターの反応です。

ネタ(映像)がかなりあったので、国際ニュースだけでなく、通常の番組でも日本を取り上げていました。そこに出てくるキャスターやコメンテーターは、明らかに日本のことなんて全然知らないだろうっていう人たちが多かったです。典型的なアメリカ人タイプです。外国のことなんか知りません。

というのが、今回の「日本人べた褒め報道」につながったんだと思います。
まず最初にちゃんとした国際報道番組で、日本に詳しい学者が日本人の協調性・和・勤勉なところなどを語ります。後は、無知な素人キャスター達がこの真似をして盛り上げたってところでしょう。
過剰なまでに強調することだけは異常に上手いですから。

もちろん我々日本人からすれば、日本が良く言われることは歓迎です。
でも本当は何もわかってなさそうなキャスターがわざとらしく日本を褒め続けるのは、正直いってうんざりでした。

アメリカに住んでいる人は知っていると思いますが、アメリカはかなりの「本音と建て前」社会です。日本もそういうところはありますが、アメリカはもっと上を行ってます。特にことばに責任のある立場の人たち(メディアなど)は、政治的に正しい(politically correct)なことをやたらと強調します。そして、こういうことを話すときは、本当の自分の意見は完全に無視します。

確かに文化の違いもあります。人を評価する場合、日本人だと重要なのは「どう考え、感じているか」だけど、アメリカ人だと「どう行動に出るか」ということになります。つまり頭で何を考えていても、言動さえちゃんとしていれば社会的に高い地位に立てます。

でも結局のところ、アメリカのTVキャスターのわざとらしい日本人・日本文化の解説も、アメリカ人の視聴者にとっては違和感はなかったと思います。一般のアメリカ人は日本と中国の国民性の違いなんか全く知らないレベルですから。
しかし日本人としては、褒められて嬉しい反面、もうわかったからそれくらいでいいよ、と思っている人もそれなりにいるのではないでしょうか。

*わざとらしいと言っているのはある一部のTV報道についてです。


Yahooニュースより
福島県知事、東電社長の謝罪訪問を拒否

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110322-00000346-yom-soci

原発事故への対応、褒められたり怒られたり大変ですね。アメリカのメディアはあまり東電のことを批判していないみたいですが、日本、特に地元ではかなり嫌われているようです。
スポンサーサイト


未分類 | 10:52:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。