FC2ブログ
 
■プロフィール

heliosmith

Author:heliosmith
大学の研究員:海外の大学に所属
専門は知能心理学
学部時代より欧米在です

このブログについて:
3月11日の災震後にスタートしたブログです。
なるべく毎日更新したいと思います
普段は日本語を使わない生活をしているので、誤字や漢字の不統一などがあるかと思いますがご了承ください。

■最新記事
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
無知は選挙権なしでOK
普段大学で生活しているとぜんぜん気づかないんだが、世の中の底辺の人ってかなりやばいらしい。
国民の義務としての義務教育ってのがあるけど、教育を受けることだけを義務にするんじゃなくて、ちゃんと最低限の知識を得ることを義務にしたほうがいい。

民主主義国家として誰でも平等に選挙権があるんだから、バカの存在は日本の政治家の質を下げてるようなもの。選挙だけでなく、くだらないオカルト商品を買ったりして、そういうクソ商法に加担して、日本経済の国際的競争力を下げている。

本当に、たのむから、無知・バカはいなくなってください。
資源のない日本は人材で持っている国です。高い知能で持っている国です。無知な人たちは教育程度の低い後進国へ行ってください。あるいは態度を改めて勉強してください。日本にはあなた方を飼っておく余裕はもうないです。


Yahooニュースより
地面の黄色い塊はスギ花粉=放射性物質疑う電話が殺到―天気相談所

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110324-00000050-jij-soci


未分類 | 13:58:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
世界の終わりが来たかと思った~イギリス人女性
東北地方太平洋沖地震では、世界のメディアが日本人の冷静な対応を評価するニュースが目立ちました。
ちょっと褒めすぎなんじゃないの、とも感じるほどでしたが、欧米人の行動を見たらやっぱり日本人は特別みたいです。


「キャー助けて!地震!地震よ~!!」
タイに行ってるはずのイギリス人の女の子からいきなりスカイプがかかってきた。声がうわずっててよく聞こえない。

「ちょっと落ち着いて!で、いまどこにいるの?」
「ホテルの外。すぐに避難したの。本当にすごかった!危なかった!!みんな外に出てきてるわ!ほらもうだめよっっっっ」
どうやらホテルのwifiにiphoneからアクセスしてるらしい。彼女はちょっと前からオンラインになっていたから、iphoneだけ持って逃げたみたいだ。
「それで、他の人は何て言ってるの?」
「え、わからない。みんなどうしたらいいかわからないって。あああああ~もうだめ!どうしたらいいのっ!!」声が裏返ってます。

「そんなのおれにかけないで、近くに人に聞いた方がいいよ」
「だってあなた知ってるんでしょ!日本人でしょ!!」
かなり興奮している。おれの前でこんなに興奮したことないのに・・・。

「けがはしてない?」
「・・・大丈夫」
「ホテルの人はいるの?」
「うん、今テレビ観てるけど、何もやってない。」
「何も映らないってこと?」
「いや、映ってるけど、地震のことやってない」

「・・・・・で、どれくらい揺れたの?」
「すごく揺れた。立てなかった。本当に世界の終わりが来たかと思ったくらい!」
「なにか壊れた?」
「・・・なにも」
「なにか落っこちてきた?」
「・・・なにも」
「ボトルとか飲み物が倒れたりした?」
「わからない。大丈夫だと思う」
「・・・・」

後からネットで調べたけど、この彼女のいた場所は震源地からかなり離れてるし、震度としては1か2くらいだったと思う。
この「世界が終わり」かけたこの「大」地震を、彼女は一生語り継ぐんだと思う。


結局、彼女は怖くて部屋に戻ることができず、朝までロビーで紅茶飲んでたみたい。紅茶はヨークシャーが一番よ、だってさ。


Yahooニュースより
ミャンマー東部でM6・8の地震、1人死亡

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110324-00001159-yom-int


未分類 | 13:26:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
アメリカ最強!でもずれてる・・・(-_-;)
今回はアメリカの大学の話です。留学に興味ない方は別の記事をお読みください。

報道によると、「東日本大震災被災地出身の日本人留学生らに対する上限5000ドルの支援金制度を創設したと発表した」らしいです。行動の早さはさすがアメリカです。こういうことができるのは、教育機関の完成度がかなり高く、いろんなレベルのスタッフが動きやすいように高度に組織化されているからです。

でも、「学部生優先だが、大学院生や学位取得を目指していない留学生も対象」というのは納得いかないです。

なぜ学部生優先?

アメリカの大学院は日本のように「就職できなかったから」のような人はいません。大学院に行くには学部時代から準備しないといけないからです。クラスでは常に1番の成績を取り続け、トップの学生用の特別の授業を取り、大学院生のアシスタントをやり、3人のプロフェッサーに質の高い推薦書を書いてもらい、統一テストでトップの成績を取ってようやく入れます。有名大学の大学院なら倍率100倍なんてのもめずらしくありません。入ったら入ったで地獄が待っています。アメリカ人の学生でも「大学院は地獄」という表現を使うくらいですから、少しでも英語のハンディのある日本人留学生にとっては、・・・形容できないほど大変です。

大学院生は奨学金をもらっている場合が多いですが、自費学生も少なからずいます。震災で送金が途絶えたら、時間的にも労力的にもギリギリな生活をしている大学院生にとって終わりを意味します。ということで大学院生もちゃんとサポートしてあげてください。

それで、いちばん意味不明なのは、「大学院生」と「学位取得を目指していない留学生」が同レベル扱いになっているところ。学位取得しないってのは交換留学か語学留学だと思いますが、交換留学生は、日本の元々の大学に授業料を払っているはずなので除外。ということで残るは語学留学・・・。

ということは、大学院生と語学留学生が同じレベルになってるって?これはふざけるな!と言いたい。
在米の日本人留学生はピンキリだが、そのキリの連中が集まっているところが語学学校。もちろん日本からアメリカに来たばかりのときは語学学校に行く人は多いが、まともな学生ならすぐにTOEFLをクリアーして大学に入ります。クラブとドラッグが目的で来たような永久語学学校の人たちをサポートする必要はありません。
優先順位としてはこうでしょう。

大学院生 > 学部生(学位目的) > 学部生(交換留学) > 語学学校生(大学のadmission取得済み) >>>>>>.....>>> 語学学校生(沈没組)

アメリカは就労ビザの基準を厳しくしながら、一方でLOTOでランダムにビザを発行したりと意味不明なほどずれた政策が目立ちますが、今回の支援金制度もちょっとずれてる感じがします。こういう制度を早急に立ち上げてくれるのはありがたいんですけどね・・・。make-senseなシステムをつくってくれないと、せっかくがんばってる日本人の大学院生がやる気をなくしてしまうかもしれません。ただでさえ、アメリカの有名大学の大学院での日本人の数は、中国人・韓国人に大きく差をつけられています。せめて今いる日本人学生にがんばってもらいたいものです。お金が足りなかったら、上手くpetitionを書きましょう。今の状態だったら何とかなるはずです。それでもダメだったら私に相談してください。


Yahooニュースより
震災被災地出身学生を支援へ=米団体、上限40万円

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110324-00000018-jij-int


未分類 | 14:36:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
原発は結局高くつくんじゃないの?
原発事故の損害賠償額が1兆円を越えるらしいですが、このリスクを考えた場合、原発は本当に他の発電より割安なんでしょうか?
私は原発反対派ではありませんが、対費用効果について正しい情報が欲しいです。

今後、原発問題を含めて日本のエネルギー政策の議論が増えると思いますが、その議論の大前提となる「コスト」「発電量」「リスク」について、政府は正確に発表すべきです。メディアも中立な立場で、政府の説明をわかりやすく国民に伝えるという公共的な役割を果たしてほしいです。

こういった科学技術の話になると日本のメディアはすぐに感情論に持って行こうとするけど、もういいかげんにしてほしいと思います。感情論は視聴率は取れるかもしれないけれど、バイアスのかかった情報で視聴者を洗脳しているようなものです。アメリカもイギリスも科学技術の報道に関して感情論に持っていくことなんてありません。

先端技術にはリスクはつきものです。そのため先端技術の議論をするには、確率論にならざる得ないわけですが、そこには感情論の入る隙はありません。
心理学的に言うと感情論は二元論に帰着します。all or noneです。つまり確率論で議論しないといけない先端技術の話に、感情論で来られてもまともな結論が出るわけないのです。

原発が今回のような事故ばかり起こしていたらもちろん割高になるでしょう。そのためどのくらいの確率で事故が発生するか知らなくてはなりません。事故の起こる確率を出すには、地震の起こる確率まで考慮しなければならないため、確率論上の信頼性はあまり高くないかもしれません。それでもわかる範囲でちゃんとした数字は出すべきです。そして国民は先進国の国民として、簡単な確率論くらい理解した上でエネルギー問題を議論すべきです。それが先進な民主主義国家の正攻法だと思いますが・・・、なかなかこうはなれないんですよね。なぜでしょうか。


Yahooニュースより
東電原発賠償、国が分担へ=まず2400億円、追加支援も

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110323-00000054-jij-pol


未分類 | 12:42:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
わざとらしいアメリカのメディア
日本のマスコミは最近よく批判されていますが、アメリカのマスコミはどうでしょうか?
日本の地震・津波については、もちろんアメリカのテレビでも連日トップで報道されてきました。

あれだけの凄惨な映像が次々に出ましたから、そのまま流すだけでかなりの視聴率が取れたと思います。
まあそれはいいとして、問題はキャスターの反応です。

ネタ(映像)がかなりあったので、国際ニュースだけでなく、通常の番組でも日本を取り上げていました。そこに出てくるキャスターやコメンテーターは、明らかに日本のことなんて全然知らないだろうっていう人たちが多かったです。典型的なアメリカ人タイプです。外国のことなんか知りません。

というのが、今回の「日本人べた褒め報道」につながったんだと思います。
まず最初にちゃんとした国際報道番組で、日本に詳しい学者が日本人の協調性・和・勤勉なところなどを語ります。後は、無知な素人キャスター達がこの真似をして盛り上げたってところでしょう。
過剰なまでに強調することだけは異常に上手いですから。

もちろん我々日本人からすれば、日本が良く言われることは歓迎です。
でも本当は何もわかってなさそうなキャスターがわざとらしく日本を褒め続けるのは、正直いってうんざりでした。

アメリカに住んでいる人は知っていると思いますが、アメリカはかなりの「本音と建て前」社会です。日本もそういうところはありますが、アメリカはもっと上を行ってます。特にことばに責任のある立場の人たち(メディアなど)は、政治的に正しい(politically correct)なことをやたらと強調します。そして、こういうことを話すときは、本当の自分の意見は完全に無視します。

確かに文化の違いもあります。人を評価する場合、日本人だと重要なのは「どう考え、感じているか」だけど、アメリカ人だと「どう行動に出るか」ということになります。つまり頭で何を考えていても、言動さえちゃんとしていれば社会的に高い地位に立てます。

でも結局のところ、アメリカのTVキャスターのわざとらしい日本人・日本文化の解説も、アメリカ人の視聴者にとっては違和感はなかったと思います。一般のアメリカ人は日本と中国の国民性の違いなんか全く知らないレベルですから。
しかし日本人としては、褒められて嬉しい反面、もうわかったからそれくらいでいいよ、と思っている人もそれなりにいるのではないでしょうか。

*わざとらしいと言っているのはある一部のTV報道についてです。


Yahooニュースより
福島県知事、東電社長の謝罪訪問を拒否

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110322-00000346-yom-soci

原発事故への対応、褒められたり怒られたり大変ですね。アメリカのメディアはあまり東電のことを批判していないみたいですが、日本、特に地元ではかなり嫌われているようです。


未分類 | 10:52:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。